大切な人へ届ける、まごころの挨拶文です

過ぎ去った日々に感謝し、新しい1年を共に迎えられる喜び。大切な人が今年も健康でありますように、幸福でありますように。年賀状とは、そんな思いを込めて贈られるお祝いです。

一昔前まではすべて手書きで書かれているのが常でしたが、現在ではプリンタやPCの普及により、自宅でも手軽に年賀状を印刷できるようになりました。また、メールやSNSも多用され、もはや新年の挨拶は葉書ですらなくなってきています。

しかしながら、私はずっと年賀状宛名書きにこだわり続けています。もちろん干支のイラストぐらいは印刷をしますが、宛名とご挨拶は必ず直筆で書くようにしています。

年齢を重ねれば重ねるほど、自分に関わり合いのある人たちは増えていきますから、手書きで葉書を書くのはそれなりの労力が必要です。そこで、枚数も最高で50枚と決めます。この50人は、お世話になった人、大好きな人、心からお礼を言って幸せを願っている人、これからも末永くお付き合いしていきたい人を厳選します。

人生において自分が大切にできる人はそう多くないと思うのです。何せ自分は一人しかいないのですから。年賀状を書くことによって、自分にとって本当に大事な人間関係が見えてきます。そして、その大切な人に、時間と労力を費やして手書きの挨拶状を書く。そのことで自分の中で相手の存在の大きさを再認識できます。

また、まごころ込めて書かれた年賀状は、相手に喜んでもらえます。相手に思いが伝わるのです。現代では、「よりスピーディーに、より簡単に」が重要視されがちですが、人生を最も豊かにしてくれる人間関係の基盤は、丁寧に書かれた1枚の年賀状のように、時間と努力を積み重ねて初めて築かれると思うのです。

仕事柄、グラフィックデザイナーの方からも年賀状をもらうことが多いですね。彼らの年賀状は、どれもしっかりと考えられたデザインであり、見ていてとても面白いです。

なかには、年賀状の形からこだわって作られているものもあり、私にはないこだわりに思わず唸ってしまいます。しかし、これらのこだわりのデザインは、時として通じない場合もありますね。

グラフィックデザイナーの友達の一人が、一般的なハガキのサイズである14×9cmではなく、通常のハガキの料金では送れるけれど、やや大きめサイズの15.4×10.7cmのサイズにて年賀状を作って送ってきたときのことです。

実家に届けられた年賀状であったということもあるのですが、母が私宛の年賀状をまとめて束ねておいておいてくれました。しかし、やや大きめサイズの年賀状を作って送ってきてくれたデザイナーの方の年賀状のみ折られていましたね。他のサイズと同じくなるように、頭ひとつ出た部分をキレイに折り曲げられて束ねられていたのです。

デザイナー独自のこだわりの形は納得できますし、見ていて面白いとは思いますが、とくにこだわりのない人からすれば、「なんやこのはみ出た年賀状」となる場合もありますよね。

一般的なサイズ内でのデザインが重要なのか、デザインの善し悪しのわからない人がネックなのか、まあどちらもでしょう。年賀状にて、そのような価値観の違いを垣間みたひと時でした。

私は昔から年賀状をもらうことが大好きでした。特に友達から年賀状が届くと嬉しく思っていました。

私は毎年年末から年明けまで父型の祖父の家で家族全員で過ごすため、年明け初めに年賀状が届いているのかどうか毎年確認することができませんでした。そのため、毎年一月二日に家に戻ってくると荷物を片付けるよりも早く、年賀状が誰から来ているのか確認していました。

多量にある年賀状をポストからだし、机の上に父宛、母宛、妹宛などと並べていくことが大好きでした。並べていくと当然母や父宛の年賀状が多く、二日の時点では友達から来ている年賀状は少しでした。

それでも誰から来ているのか誰から来ていないのかを確認することはとても楽しく、来ていない人にはその場で年賀状を印刷して書くようにしていました。

私にとって年賀状は年明けの一大イベントでした。そんな一大イベントを迎えるために、年末は必死に友達に年賀状を書いてポストに入れる姿が今ではとても懐かしいです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ